鉄道車両・航空機・建材・海外規格対応

海外水道認証対応サービス

試験プログラムの策定から認証取得まで一括対応

飲料水に接する材料に対しては、使用時に人体に有害な物質が水に溶出しないよう、厳しい規制が課されることが一般的ですが、その具体的な規制要求は国や地域によって異なり、それぞれに独自に対応する必要があります。また、実使用時に接する水の温度、対象製品の素材(プラスチック/ゴムなど)、製品の最終形状(パイプ/Oリング/塗料など)によって評価項目や合格基準値が変わることもあり、試験プログラムの策定が重要となります。

ケミトックスでは、ターゲットとする国/地域や対象製品に応じて、現地試験所/認証機関とのコンタクト、適切な試験プログラムの策定、試験の実施、さらに必要に応じて認証取得までトータルでサポートいたします。

欧州では、これまで各国で別々だった認証システムを、EU域内で標準化するための活動が進んでおります。その一環として、ドイツにおいてプラスチック材料に対する認証システムが2019年に大幅に改訂され、新たなシステムに基づく認証の更新作業が行われています。ケミトックスでは、新たな認証システムへの対応についてもサポートを行っております。

溶出試験

○イギリス WRAS認証/BS 6920溶出試験

イギリスでは、私有地内(*)において飲料水に接する製品に対して、WRAS(Water Regulations Advisory Scheme)がボランタリーな認証を提供しています。使用される非金属材料については、BS 6920に基づく溶出試験が課されます。最終製品に対しては、製品を構成する個別材料がWRASの要求を満たしていることが求められ、さらに製品の用途に応じて水圧試験等の性能試験が要求されます。試験は、WRASによって認定された英国内の試験機関で実施する必要があります。

(*)イギリスでは、公共水道と私有地内の配管とで規制体系が異なり、WRAS認証は私有地内に入った配管から最後の蛇口までに使われる材料/製品を対象としています。一方、公共水道については、DWI(Drinking Water Inspectrate)という別の組織が規制当局となっています。

BS 6920で材料に対して要求される溶出試験の項目

臭気/香気
外観検査
微生物繁殖性
細胞毒性
金属・ホウ素の溶出

なお、オーストラリア/ニュージーランドで採用されている評価規格であるAS/NZS 4020は、BS 6920と多くの点が類似しております。ケミトックスでは、AS/NZS 4020に基づく評価、認証のご依頼もお受けしております。

○ドイツの認証システム

ドイツでは、ドイツ連邦環境庁(Umweltbundesamt = UBA)が規制を管轄しており、評価方法や判定基準に関する文書を発行しています。これまで、発行された文書は「指針(Guideline)」という扱いでしたが、EU域内での標準化の議論の進展を受け、2019年にいくつかの文書が「基準(Criteria)」に格上げされました。主な文書を以下に示します。

  • Evaluation criteria for plastics and other organic materials in contact with drinking water(飲料水に接するプラスチック及び他の有機材料に対する評価基準:KTW-BWGL)*:旧称はKTW Guideline
  • Coating Guideline(塗料に対する指針)
  • Elastomer Guideline(エラストマーに対する指針)
  • Evaluation criteria for metallic materials(金属材料に対する評価基準)
  • Evaluation criteria for enamels and ceramic materials(エナメル及びセラミック材料に対する評価基準)
  • Evaluation criteria for cementitious materials(セメント材料に対する評価基準)

プラスチック材料に対する新たな評価基準では、従来要求されてこなかった製造工場監査やサンプリング試験が課されます。試験及び認証は、ドイツ国内の認定機関で行う必要があります。主な評価項目は下記の通りです。

ドイツにおけるプラスチック材料に対する要求評価項目

参照規格 評価項目
処方チェック(ポジティブリストとの照合)
DIN EN 1420
DIN EN ISO 7027
DIN EN ISO 7887
外観検査
DIN EN 1420 臭気/香気
DIN EN 12873-1, -2
DIN EN 1484
TOC(全有機炭素)
Regulation (EU) No 10/2011 特定物質の溶出
DIN EN 16421
(DVGW W 270)
微生物繁殖性

○アメリカ(NSF)

アメリカ合衆国では、NSF Internationalの認証が規制要求として広く採用されております。プラスチック材料については、NSF 61という規格に基づいて評価が行われます。認証取得にあたっては、対象材料の処方チェック(ポジティブリストとの照合)に加え、製造工場監査が課されます。評価は、対象材料の処方に即して、評価が必要な物質を特定して溶出試験を行い、溶出量が閾値以下であるかを確認します。認証取得後も定期的な工場監査により認証を維持する必要があります。

○その他の国/地域

上記の他、フランス(ACS認証)、オランダ(KIWA)等の規制についても対応しております。


お問い合わせ先
担当:藤岡 博明
TEL: 03-3727-7111

鉄道・航空評価 お問い合わせ
評価・業務案内一覧