パワーデバイス・振動・車載機器評価試験

材料評価用パワーデバイス試作・評価サービス

材料評価用パワーデバイス試作・評価サービス

次世代パワーデバイスの開発には、パワー半導体チップのみならず、パワーデバイスを構成する材料の改良が必要となります。特に、運用温度300℃を可能とするSiC製チップを用いたパワーデバイスの性能をフル活用するためには、最大温度300℃でも機能を損なわない構成材料が必要となります。

パワーデバイス材料の性能を評価する試験方法は、パワーサイクル試験が代表的ですが、試験を行うには、実際に半導体チップが搭載されたパワーデバイスを製作する必要があります。しかしながら、パワーデバイス製作には多くの資材、機材、ノウハウが必要となります。パワーデバイス材料を開発したが、肝心のデバイスを組み立てられずに、評価を行うことができない・・・。ケミトックスではそのようなニーズにお応えし、パワーデバイス材料の評価に特化したデバイス製作を行っています。お客様の開発した材料を組み込んだ材料評価用パワーデバイスを製作し、各種評価試験データをご提供します。貴社製品の性能評価に、材料評価用パワーデバイス製作・評価サービスをご活用下さい。

パワーデバイス試作・評価


パワーデバイス信頼性試験 
サービスカタログ

お問い合わせ先
担当:住田 智希
TEL:03-3727-7111 FAX:03-3728-1710

エレクトロニクス実装技術に原稿が掲載されました。
2020年1月号「パワーデバイスの信頼性評価の概要 ~パワーサイクル試験の技術解説~」
2020年4月号「パワーデバイスの信頼性評価の概要2 ~パワーデバイス材料の性能評価~」
2020年7月号「パワーデバイスの信頼性評価の概要3 ~封止材のパワーサイクル耐性の評価~」
2020年9月号「パワーデバイスの信頼性評価の概要4 ~パワーサイクル試験、エレベータ式熱衝撃試験、高温高湿バイアス試験~」
2020年11月号「パワーデバイスの信頼性評価の概要5 ~封止材のパワーサイクル耐性~」
2021年1月号「パワーデバイスの熱抵抗測定法~JPCA熱抵抗測定法とJEDEC過渡熱抵抗測定法の比較~」
掲載記事のダウンロード 掲載記事のダウンロード 掲載記事のダウンロード
お問い合わせ 評価・業務案内一覧