沿革

設立 ~ 1990年
1975年9月 株式会社ケミトックス 設立
1977年5月 モルダープログラム(UL746D)をはじめとするUL申請代行業務を開始
1977年6月 UL94燃焼性試験開始UL94燃焼性試験
1979年1月 プラスチック材料のUL746B長期熱劣化試験開始プラスチック材料のUL746B長期熱劣化試験
1989年5月 UL796プリント配線板認定プログラム申請代行業務開始
1991年 ~ 1999年
1991年3月 環境試験 (振動試験、恒温恒湿試験など)開始
1994年2月 UL CAP Administrative (申請代行業務)認証取得
(のちにCAP から DAP に名称変更)
1994年10月 UL プラスチック材料の試験に対する CAP Engineering (試験代行業務)認証取得
1998年7月 アメリカ A2LAよりISO Guide25 に基づく試験機関として認定
2000年 ~ 2010年
2000年4月 山梨試験センター開設
2003年3月 通信機器の第一種試験事業者として関東総合通信局長より認証取得
指定証明機関として、特定無線設備の技術基準適合証明・認証取得
2004年12月 環境ニュース発行開始
2005年1月 EU 環境規制(RoHS)指定の環境有害化学物質の分析業務開始
2005年6月 東京本社第2ビル(5階建) 購入chemitox/ケミトックス
2005年8月 株式会社京浜ケミトックス 設立(80%出資関連会社)
プラスチックの金型設計・製造、プラスチックの成形
2006年2月 東京本社第1ビル(4階建) 購入
2006年10月 超広帯域(UWB)無線システムの技術基準適合証明・認証開始
2008年9月 太陽電池の試験・評価開始太陽電池の試験・評価
2008年10月 REACH Law社(フィンランド)とEU 化学物質規制(REACH)に関する提携
REACH登録のコンサルティング業務開始REACH登録のコンサルティング業務
山梨試験センター 太陽電池試験棟第1期(火災試験用)工事竣工開始
2009年1月 PV EXPO 2009 (第2回 国際太陽電池展)に出展
2009年4月 山梨試験センター 太陽電池試験棟第1期(火災試験用)工事竣工開始
2010年9月 ミニセミナー開始
2011年 ~
2011年2月 山梨試験センター 太陽電池試験棟第3期(ソーラーシュミレータ試験機導入)工事竣工
2011年3月 無線・有線通信機器の認証業務の終了
2011年4 – 7月 原発事故に伴うリスク低減のため本社機能一時移転
2011年7月 山梨試験センター 太陽電池試験棟第4期(ラジアントパネル試験)工事竣工
2011年8月 山梨県北杜市と協力し、太陽電池棟完成記念セミナー・見学会開催
2011年9月 本社第2ビルにおいて、各種テーマでミニセミナー開催chemitox/ケミトックス
2011年10月 山形県新庄に山形試験センターの建設工事着工
2011年11月 太陽電池モジュールのPID評価開始
2012年12月 太陽電池モジュールの堆雪荷重実証実験開始太陽電池モジュールの堆雪荷重実証実験
2014年5月 NEDOと共同で太陽電池の角度可変事業開始
2014年11月 関連会社の京浜ケミトックスで3Dプリンターを導入
2015年1月 長期熱劣化試験(UL746B)およびプリント配線板
(UL746EUL796UL746FUL796F)の解説書発行
2015年1月 太陽電池モジュールの評価用モジュール作製開始太陽電池モジュールの評価用モジュール作製
2015年3月 英国EXOVA社と鉄道車両の安全性評価に関するセミナー実施英国EXOVA社と鉄道車両の安全性評価
2015年7月 翻訳業務においてISO17100の認証を日本で初めて取得
2015年10月 ドイツTechnoLab社とセミナーを共催。これに併せマイクロ―スコープの販売開始
2016年1月 鉄道車両に使用する材料評価用スモークチャンバー導入
2016年2月 太陽電池に関するメルマガ発行開始
2016年9月 移動式PVラボ 稼働開始移動式PVラボ 太陽電池
2016年9月 IEC 61730 シリーズ最新規格の徹底解説セミナー実施
2017年7月 VW-1試験用大型チャンバー導入
2017年10月 鉄道車両の火災防護規格の解説決定版セミナー実施
2018年1月 電気自動車分野をターゲットにしたパワーディバイスの試験・評価の新規事業を開始した。
振動試験・車載機器の評価を開始
鉄道・車両をターゲットにしたコーンカロリー試験、火炎伝播試験、管状炉毒性試験も開始
2018年4月 パワーサイクル試験装置導入(東京)
2018年5月 2018年度ミニセミナー開始
2019年5月 2019年度ミニセミナー開始