パワーデバイス・振動・車載機器評価試験

AQG-324対応信頼性試験

ヨーロッパ規格AQG-324とは

AQG-324規格
AQG 324は、欧州のECPE(European Center for Power Electronics)という組織における、車載向けパワーモジュールの性能評価に関するワーキンググループによって策定された規格です。本規格は、LV 324という、ドイツ自動車メーカーとパワーエレクトロニクス業界の代表者が中心となって開発した規格が前身となります。ECPEは、欧州のパワーエレクトロニクス分野において、産業界主導で研究開発のネットワークを構築することを目的として2003年に設立された機関です。2020年1月現在、メンバーとして約100機関が登録しています。このメンバーの中には、BMW、Volkswagen、VOLVO等の欧州自動車メーカーや、欧州を中心に多数のパワーデバイス製造メーカーが登録しており、日系の主要デバイスメーカーもメンバーに入っています。また、航空機メーカーであるAirbus、鉄道車両メーカーであるALSTOMといった企業も名を連ねており、業界を横断してパワーエレクトロニクスの分野に関心が持たれていることがうかがえます。パワーエレクトロニクスに関するキープレーヤーを包含しているという意味で、世界的にも影響力の大きい組織と言えます。
AQG 324は2018年に発行され、総重量3.5t以下の自動車に搭載されるパワーエレクトロニクスコンバータユニット(PCU)の特性評価をするための試験方法を定めています。主な試験方法を以下に示します。

 

対応試験一覧表

試験名 No. 項目 ケミトックスでの対応
モジュール特性評価 QC-01 寄生インダクタンスLp
QC-02 熱抵抗Rth
QC-03 短絡特性
QC-04 絶縁特性
QC-05 機械特性
環境試験 QE-01 TST 温度サイクル
QE-02 CO 接触性
QE-03 V 振動
QE-04 MS 衝撃
寿命評価試験 QL-01 PC(sec) パワーサイクル(短時間)
QL-02 PC(min) パワーサイクル(長時間)
QL-03 HTS 高温放置
QL-04 LTS 低温放置
QL-05 HTRB 高温逆バイアス

 

AQG-324に基づく試験サービス

ケミトックスでは、AQG-324に基づく製品評価を承っております。最大負荷電流1800Aのパワーサイクル試験/過渡熱抵抗測定(T3Ster)機を保有しており、パワーサイクル試験に加え、過渡熱抵抗測定によるモジュールの故障現象を非破壊で検出します。
パワーサイクル試験/過渡熱抵抗測定(T3Ster)
また、熱衝撃試験や振動・衝撃試験といった環境試験にも対応しております。特に熱衝撃試験では「空気入れ替え式」ではなく「エレベータ式」の試験機の使用が規定されております。弊社では「エレベータ式」熱衝撃試験機を2019年11月に導入致しました。
通電経路も確保できる機種となっており、通電状態での熱衝撃試験も可能です。
熱衝撃試験(空気入替式・エレベータ式)
「空気入れ替え式」の熱衝撃試験機も保有しておりますのでどちらの方式でも評価することができます。

 
サービスカタログ

お問い合わせ先
担当:住田 智希
TEL:03-3727-7111 FAX:03-3728-1710

エレクトロニクス実装技術に原稿が掲載されました。
2020年1月号「パワーデバイスの信頼性評価の概要 ~パワーサイクル試験の技術解説~」
2020年4月号「パワーデバイスの信頼性評価の概要2 ~パワーデバイス材料の性能評価~」
2020年7月号「パワーデバイスの信頼性評価の概要3 ~封止材のパワーサイクル耐性の評価~」
2020年9月号「パワーデバイスの信頼性評価の概要4 ~パワーサイクル試験、エレベータ式熱衝撃試験、高温高湿バイアス試験~」
掲載記事のダウンロード 掲載記事のダウンロード 掲載記事のダウンロード 掲載記事のダウンロード
パワーデバイス評価 お問い合わせ  評価・業務案内一覧