プラスチック材料評価試験

耐候性評価

屋外で使用される材料や製品は自然環境に起因する耐性を評価する必要があります。ケミトックスでは、世界各地域における耐候性試験や、AMECA認証登録の申請代行を行っております。試験実施の手配だけでなく、試験サンプルの作製、規格の解釈や技術的なコンサルティングまで、お客様をトータルでサポートさせて頂いております。また、各種試験機関とも提携を行っていますので、材料の用途に合わせて試験場所を選択できます。

米国 アリゾナでの曝露試験

ケミトックスは米国アリゾナにありますArizona Desert Testing LLC (AZTEST)社と業務提携し、各種高分子材料や製品の屋外耐候性試験サービスを提供しております。同社独自開発の屋外促進曝露試験機ACUVEX(Accurate Controlled Ultraviolet Exposure)は、自然曝露と比較して相関の取れた結果を短期間で得られます。迅速なサービスと、他社と比べて行き届いた試験装置のメンテナンスも同社の強みとなっております。また、米国Automotive Manufacturers Equipment Compliance Agency Inc (AMECA)に、FMVSS571.108およびSAEJ576規格に基づく自動車照明用プラスチック材料の試験機関としても認証されており、AZTEST社の合格結果をもってAMECAの自動車照明用の材料登録を行うことが可能です。

AMECA (Automotive Manufacturers Equipment Compliance Agency Inc)

自動車のヘッドランプでは、認証を受けることがとても重要です。AMECAは米国の自動車部品の民間認証機関です。日本企業を含め、およそ500の団体がAMECAに部品登録を行っており、新規登録件数は年間1000件以上にも上ります。AMECAの認証はGMやクライスラーをはじめとする米国大手自動車メーカーや、一部の州政府、また南米エクアドルやベネズエラ、更には中東イスラエルなどの地域でも一部登録が求められています。

オーストラリアの曝露試験
オーストラリア北東部沿岸は日射量が多く、非常に多湿で、温度も比較的高く、四季の変化に乏しいという複合的な気候条件となります。通常の試験架台による自然曝露試験の他、促進曝露試験も行っています。
オーストラリア 曝露試験
シンガポールの曝露試験
シンガポールは赤道付近に近く、一年を通して高温多湿な気候条件となります。実績のある試験所で、ASTMやISOなど様々な規格に準拠した耐候性試験サービスを提供しております。
シンガポール 曝露試験

規格一覧表

試験名 規格番号 規格名
耐候性評価試験 UL746C Polymeric Materials – Use in Electrical Equipment Evaluations
ISO 4892-2 Methods of exposure to laboratory light sources-Part 2:Xenon-arc lamps
JIS K7350-2 プラスチックス-実験室光源による曝露試験方法-第2:キセノンアークランプ

お問い合わせ先
担当:堀水 真
TEL:0551-42-5061

材料評価試験 お問い合わせ
評価・業務案内一覧