太陽電池・太陽光発電評価試験

モジュール評価 | 火災試験

米国UL規格の火災試験に対応する国内唯一の
太陽電池モジュール専用火災試験設備

家屋に設置される太陽電池モジュールだからこそ、万が一の時に私達の命や財産を守ることができる火災安全性が確保されていることが重要です。ケミトックスの火災試験は、太陽電池モジュール専用の火災試験設備であり、IEC規格、JIS規格はもちろん、米国のUL規格まで対応する、火災試験のオール・イン・ワン・ショップと言えます。また、屋根一体型太陽電池モジュールに要求される、建築基準法の飛び火試験も対応可能です。

■火炎伝播試験
家屋で火災が発生した場合、屋根上の太陽電池モジュールによって火災が延焼しないことを評価するための試験です。太陽電池の受光面に大きな炎を直接吹き付け太陽電池モジュールの燃えやすさを評価します。

■飛び火試験
着火した木片を太陽電池モジュールの受光面に置き、発火性を評価します。太陽電池モジュールの熱による発火しやすさを評価します。

■屋根材との組み合せの火災試験
新しい米国のUL規格で、太陽電池モジュールと屋根材との組み合せで延焼や発火への耐性を評価します。また、勾配を変えての評価も行います。

 

火災試験
chemitox/ケミトックス

火災試験 飛び火 屋根材

 


お問い合わせ先
担当:望月 三也
TEL:0551-42-5061 
太陽電池評価試験 お問い合わせ
評価・業務案内一覧