No.11 2019年11月13日(水) 開催
太陽光発電システムの安全向上セミナーシリーズ 第2弾 太陽光発電システムの感電リスク

太陽光発電システムの安全向上セミナーシリーズ 第2弾 太陽光発電システムの感電リスク

セミナー概要

日本では毎年多くの自然災害が発生し、昨年2018年にも豪雪や豪雨、大型台風や地震などの多くの災害に見舞われました。その中でも水害発生時には、太陽光発電システムが水没する恐れがあり、水没した太陽光発電システムの周囲には感電のリスクが生じるため、施設に不用意に近づかないように注意喚起がされました。また今年、住宅用太陽光発電システムに起因した火災事例が増加していることを受けて、消費者庁より調査報告がありました。太陽電池は火災の原因になるだけではなく、消火活動において感電のリスクが生じるため、消火活動の妨げとなる恐れもあります。
とくに太陽電池モジュールは、日射がある限り発電し続ける特性がある為、災害や火災などが発生しても、発電が止まらず、より大きな事故につながる可能性があります。太陽光発電の安全を求めるためには、感電のリスクを正確に把握する必要があります。
本セミナーでは、火災試験を行ったモジュールを屋外に置き、発電した状態で放水し、どの程度の電流が流れるか、発電している複数の太陽電池モジュールに接続した接続箱を水没させ、その周囲にはどれほどの電圧がかかるか、電流が流れるかなど、災害発生時を模擬したケースでの各種実験結果を、実際の事例などを交えながら紹介いたします。

  1. 太陽光発電の現状
  2. 太陽光発電と感電のおはなし
  3. 火災発生時の消火活動における感電リスク
    1. 火災発生時の太陽電池モジュールの発電
    2. 火災試験後のモジュールへの放水実験
  4. 水害時における太陽光発電設備の危険と検証実験
    1. 太陽光発電における災害事例等
    2. 実験を行うに至った背景
    3. 水中における電気の流れ方の確認実験
    4. 太陽光発電所における漏電の発生予測箇所と考え方
    5. 太陽光発電設備水没の検証実験
ケミトックス セミナー
ケミトックス セミナー
太陽光発電システムの感電リスク
太陽光発電システムの感電リスク


★ ★ ★ ★ ★

開催日 2019年11月13日(水)
講師
PV・材料試験評価事業部 PVエンジニア - 松木 洋介
時間
セミナー

技術交流会

13:00-16:00

16:00-17:00

場所 (株)ケミトックス本社 第2ビル 4階 セミナー室
費用 ¥8,000
1社から 3名様以上ご出席の場合には 20% ディスカウント。
定員 10 名(少人数のため受講票は発行いたしません。当日受付にてお名前をお伝えください。)
備考
  • お申込後のキャンセルはお受けできかねますのでご了承ください。
    ご出席になれない場合は、代理の方にご出席いただくか、資料の送付を以て代えさせていただきます。
  • 参加申込をいただき次第、請求書を送らせて頂きます。
    銀行振込または当日現金払いのいずれかのお支払方法をご指定ください。
  • 1週間前になっても請求書が届かない場合は、誠にお手数ですが増井(ますい) または 米澤(よねざわ) までご連絡ください。


内容の入力 Step01確認画面 Step02送信完了 Step03
[shortcode_date]

メールアドレス
例)123456@chemitox.co.jp(英数字半角)
確認用
メールアドレス
例)123456@chemitox.co.jp(英数字半角)
お名前(代表者)
例)大田 一郎(全角)

フリガナ(代表者)
例)オオタ イチロウ(全角)
会社名
例)(株)ケミトックス 注:個人の方は、個人事業者とご記入ください。
部署名
例)国際事業部
会社TEL
例)03-3727-7111(数字半角)
郵便番号
例)145-0064(数字半角)
住所
都道府県

市町村番地
例)大田区上池台1-14-18(数字半角)
ビル名
例)本社第一ビル
注:資料送付を希望される方は、送付先の住所を入力してください。
参加者氏名
(複数人記入可)

参加費用のお支払い

注:領収書の会社名を上記と異なる会社名で発行をご希望の方は下記にその会社名をご記入下さい。

領収書の会社名
技術交流会の参加

特記事項

セミナーでお聞きになりたい内容/質問がありましたらご記入ください。

※弊社同業種の方のご参加はお断りする場合がございます。予めご了承ください。