振動・車載機器評価試験

振動試験・複合環境振動試験・衝撃試験

最大24kNの振動試験機に水平テーブルと恒温恒湿槽を装備

車載機器の評価では重要な試験

通常の振動試験に加え、恒温恒湿槽により温湿度サイクルと振動試験を組み合わせた複合環境振動試験を行うことができます。また、1パルスの衝撃試験を行うことも可能です。

振動試験では重要な専用固定治具の作製も承りますので、ぜひご相談ください。

また、車載機器に限らず、幅広い分野で振動試験に対応しております。

振動試験機

試験規格

規格番号 規格名
JIS D 1601 自動車部品振動試験方法
JASO D 014-3
(ISO 16750-3)
自動車部品 ― 電気・電子機器の環境条件及び機能確認試験 ― 第3部:機械的負荷
JASO D 902 自動車部品 ― 電子機器 ― 耐久性試験方法
JASO M 312 プラスチック成型部品の試験方法

車載機器以外の振動試験規格

規格番号 規格名
JIS C 5402-6-4 電子機器用コネクタ ― 試験及び測定 ― 第6-4部:動的ストレス試験 ― 試験 6d:正弦波振動
JIS C 60068-2-6
(IEC 60068-2-6)
環境試験方法 ― 電気・電子 ― 第 2-6 部:正弦波振動試験方法
JIS C 60068-2-27
(IEC 60068-2-27)
環境試験方法 ― 電気・電子 ― 第 2-27 部:衝撃試験方法
JIS C 60068-2-53
(IEC 60068-2-53)
環境試験方法 ― 電気・電子 ― 第 2-53 部:耐候性(温度・湿度)と動的(振動・衝撃)との複合試験及び指針
JIS C 60068-2-57
(IEC 60068-2-57)
環境試験方法 ― 電気・電子 ― 第2-57部:時刻歴及びサインビート振動試験方法
JIS C 60068-2-64
(IEC 60068-2-64)
環境試験方法 ― 電気・電子 ― 第 2-64 部:広帯域ランダム振動試験方法及び指針
JIS C 60068-2-80
(IEC 60068-2-80)
環境試験方法 ― 電気・電子 ― 第 2-80 部:混合モード振動試験方法

お問い合わせ先
担当:坂本 清彦
TEL:0551-42-5061 FAX:0551-20-6335

振動試験 お問い合わせ
評価・業務案内一覧